2017
01.02

「3.9+5.1=9.0」が減点された件についての疑問

時事ネタ, 最新情報, 独り言

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術評論・デジタル評論へ
「3.9+5.1=9.0」が減点された件、林先生が尊敬する世界的数学者の見解が話題に
という問題に、どうも腑に落ちなかった。
算数の授業に数学の有効数字がという、子供の算数に大人の数学を持ち込むくだらない考えの問題はさておき
ただ、世間の盛り上がりにあれっと思ったので書いてみる。
正しい筆算は写真の右に書いてみた、個人的には0に斜線は引くように教わっている。
※繰り上がりの書き方もこうだと思う。

問題の話は0に斜線がしてあり減点なので筆算としては斜線がなかったから減点だと個人的に思っている。
問題は正しく筆算がなされてるかという視点から有効数字に持ち込まないと算数、数学上でもおかしな話になるのではと思った。
また小学校の算数レベルに京大の先生まで出て来て、小学3年生の算数の問題に数学の本質を分かってないというような言い方をするのだが、数学以前にこれは算数なので算数・数学の本質がわかってないのはどっちなのかと思った。
問題の一番初めは筆算をするべきで有効数字や数学は後になってからだと思う。
そして、手順を正しく教えるのが算数の役目だと個人的には公文をやって来て思ってきたのだが間違いなのだろうか?
誰が正しい、正しくないは教育に持ち込むとおかしな事になるし、間違っていても間違いを正す姿勢など、そういうもっと大事な所に採点を持ち込む教育になるべきじゃないかな。
なんかこうなんとも言えない丁寧さが教育にないだけでしょう。
いい大人が些細な事でこれがダメだとか小難しい事をいい教師を罵倒するそういった世の中だから、教育の世界がおかしくなり間違いを正せない間違った正義が蔓延しているのでなんだかなと思う。
そういや、昔小学校の先生の筆算がおかしいからといって先生と闘った事を思い出した。
今思うと、めんどくさい小学生だったな・・・
https://gunosy.com/articles/RC4oD
PVアクセスランキング にほんブログ村
コメントは利用できません